お金の教養とお金がお金を生む仕組みを学ぶオンラインマネースクール「マネテリ アカデミー」
無料動画プレゼント

参加者の声

目次

Kさん

お金の勉強を始めたタイミング

10年ほど前にお金の勉強を始めました。
結婚する前だったのですが、投資に少し興味を持って、それで投資スクールに通い始めました。はじめは3日集中の講座に通って、その後、そのスクール会員になり、好きな時にグループ講座に通うスタイル。後はそのスクールのメルマガやオンラインの講座で勉強したり、先生から個別で相談に乗って貰ったりもしてました。

全般的に教えてくれる先生だったので、ミドルリスク・ミドルリターンについて教わったり、ライフプランなど、投資信託の勉強をしました。投資は、始めたり、止めて見たりを繰り返していたという感じですね。籍自体は今も置いています。

FXに対する最初の印象

正直、すごく抵抗はありました。内容を聞いて、落とし込むまでは本当にやるかどうかも決めていませんでした。
最初は響きで、不安な気持ちがまだ拭えてなかったと思います。

最初の半年間で不安だったこと

まだ少額だったので、困ったり、不安になることはありませんでした。
このまま増えていく場合に「どういう心持ちになるのか」は気になっていました。

FXに対して大丈夫だと思ったタイミング

自分で納得しないと始められないと思っていました。
かなり紐解いて、仕組みについて時間を取って教えてくださったので、システムトレードは通常の一般的なFXの日々の株価を追いかけていくものとは全く違うものであり、あまりリスクを取らない。少しずつ育てて行くことへの理解が深まり、大丈夫だと思いました。

システムトレードを実際にやってみて

その仕組みを理解すれば、本当に日々の生活に支障がなく資産運用ができるという実感があります。

初めて利益を受け取った時の気持ち

すごく感動しました。
投資信託は、上がったり下がったりするので資産が増えたことに対する実感がなかったのですが、今回は確実に500円という数字が表示されていて、すごく、すごく、実感として入って来ました。

入学からビギナー入門卒業までの変化

最初の半年間で、はじめの第1歩を踏み出すところまで教えて頂きました。
踏み出せたことですごく不安なところから、前向きな気持ちになれたので、ここから次のミドルに進んだら、より深められて安心感がもっと出るんだろうなって楽しみになっていきました。

投資金額を増やした時の変化

増やしたその直後にコロナが起きたので、その時の衝撃は正直今でも忘れられないです。
今は少し和らぎましたけど、しばらくちょっと不安でした。

お金の使い方の変化

お金の使い方はそんなに変化していないです。
増える速度が緩やかなので、今はまだ、固めて行く方に注力しています。

卒業して1年、その後について

売買が発生した時に通知が来るようになっているので、通知が来たら見たり、2〜3日に1回は見ています。
ある程度設定したところから外れた時は、もう1度改めて資料を見たり、相談して改善することもありますが、基本的には安定して画面を見て「嬉しいな」って思ってます。

1番最初にお金を学ぼうと思ったキッカケ

当時はまだ独身で将来のビジョンもなく、このまま独身であれば自分で老後を考えていかなければならないと思ったのがキッカケです。

最初にライフプランを学び、何十年後の目標を決めたり、それに基づいて「こういうことを知れば良いんだ」ってい道筋を見せて頂きました。

こちらの学校を受講しようと思ったキッカケ

日々、ある程度時間を取って見て行かなきゃいけないところ、なかなか見れない状況が続き「このままで良いのかな」という不安な部分が続いている中でお話を頂き「違う視点も勉強してみたい」と思いました。

子供が生まれて、思うように自分の時間が取れない。
仕事も以前よりも時間を取れない。
自分の収入が減ってしまったっていう不安がありました。

上手く軌道に乗せられなかったので、これまでのものと平行というよりは「新たにやってみよう」という風に思いました。

お金の学校への印象

「自分で働いたり、貯金してるだけでは足りないな」っていう実感はずーっと持っていました。4年前から投資を考えていたり、勉強していたこともあって、あまり抵抗はなく、むしろ前向きに「まず始めてみて、始めながら考えてみよう」という感覚でした。

ミドルに進もうと思えた理由

実際の資金資産運用が始まって、時間が得ることが出来ました。
ただ、ビギナーの段階では正直、仕組みをちゃんと理解出来ていなかったので、もう少し深めて納得して進めたい。次に繋げたいと思いました。

実際に始めてみて

以前の投資のスクールよりも詳しく心理のことや、お金に向き合うこと、投資が上下する時の心の動きまでお話しされていて、改めての気づきになりました。
不安になった時も、先生方のお力添えがあるという安心感があり、心持ちを学ぶことが出来ました。

1年続けた感想

一般的に投資でリスクを取らない場合は5%と聞くので、それに比べて遥かに上で、最初に勉強した時の予想よりは、利益を実感しています。

 

Mさん

それまでのお金の勉強

どっちかっていうと数字が本当にダメで、自分の貯金がいくらあるのかも知らないくらい、どんぶりも良いところで、もう本当に全然ダメな人だったので、勉強会に行く気もなかったけれど、でもどこかに信用できる人に教えてもらいたいなっていうのはありました。
なので、勉強は何もしてないです。

お金の相談した体験

ないです。全くないですね。
何か、聞いても教えてくれないですし「別に取り立てて、やってないよ」という感じで、何か<やってる><やってない>も含めて一切そういうことは喋らないです。
「あの人、金、買って儲けたらしい」って、噂は聞くんですけどね。
だからといって突っ込んで聞かないし、向こうから教えてくれるわけでもなくて、話したことないですね、お金の話は。

勉強し始めたころ

やっぱり、自分があまりにも教養がなくて、知らないことが多すぎて、いきなり専門用語の羅列をされたら、もうきっと、やめてたと思うんです。
頭良さそうな人ばかりに囲まれて、数字や分からない横文字を使われてたら、もう私はそこでやめてたと思うんです。未だに路頭に迷ってたかも分からないのだけど、でも最初からそこには行かないで、そもそものお金の教養を最初に話してくれたので、ちょっとハードルが下がってました。
だいぶ、お金に対して考え方は変わったと思うんです。かなり、どんぶりではなくなって、そこは良かったなって思います。お金は、湯水のごとくあるものじゃないって。
将来に対しての漠然とした不安を回避するためにはやっぱり必要で、「これに使う」っていうことに対してちゃんと考えるようになりましたね。
前は本当に何にも考えずに、欲しいてなったら「はい」っていう感じでしたが、一旦、買うってことに関して考えることをするようになりましたね。これは大きな、大きな、大きな変化です。

今まではもう本当に、血を流しながら輸血してたので、本当に全てがジャストタイミングだったのかも知れないですね。

実践してからの感想

最初の頃は、額も始めは少額で練習みたいな感じでやってたのであんまりドキドキはなくて、ただ何もしてないのにお金が入ってくるっていうことに対して面白いなって。
毎日、1コインずつ貯金してる感じでお金が貯まっていくっていうのは「こういうことなんだ、へ〜〜、面白いな」っていう風には思いました。
だけどお金もちょっと額も増やしていくうちに「ちょっと大丈夫かな、私」みたいなのは、ありました。
穏便に来てるけど、いつこれが「何かあるのかな?」「なった時にどうしよう」みたいなドキドキは、やっぱりまだ経験してないだけに、そういう不安はちょっとあります。

勉強する前と変わったこと

もう私は老後が近いので、そういうこともちゃんと考えるようになったし、「こういう風にいきたいな」って考えるようになりました。
例えば、今のお仕事が出来なくなったり、うちの主人がもうリタイアした後とかも、要は臨時収入じゃなくて定期的な収入がなくなったとしても、今の生活をずっと続けていけるようになりたいなって思ってますね。我慢をしない生活をしたいなって思ってますね。

ミドルクラスに進んだ時

本格的に始まってしまったなって感じで、習い事みたいな感覚で始めたので「ちゃんと勉強になってる」「学校になってる」みたいな感じでした。今にして思えばやっぱり聞くのが精一杯で質問ができない。「分からないこと聞いてください」って言われても聞くのが精一杯でした。また今、勉強し直してます。

習得したいこと

「こういう時には、こうだよ」っていうことだけは、やっぱり分かりたい。状況、状況で対処出来るようになりたい。

勉強してからのお金のイメージの変化

ちゃんと学べば、敵を知るじゃないけど「こういうことなんだよ」っていうことが分かれば、決して怖いものではないっていう風には思いました。
前は、漠然と「絶対儲からないように出来てる」とか「私がやることじゃない」「お金に明るくないとダメ」「頭が良くなきゃダメ」後は「ちょっと悪いことしてないとダメ」みたいな、ちょっと悪いものみたいな意識があったんですけど、それって知らないからなんだなって思いました。
知ってしまえば、悪いことしてお金を儲けてるわけではないし、増やしてるわけではなくて、将来にとって良いことだし、これに限らず、いろんなことを銀行や保険屋さん、金融というものに関して私の中でのハードルが下がったっていう感覚はあります。

数字大嫌いで、どんぶり勘定で何でも湯水のごとく「蛇口ひねれば出てくるんだ」みたいな感覚だったんです。良いタイミングで会社員を卒業したので「お金って大事ね」っていうことが本当に身に染みて分かりました。

仕事、働き方について考え方の変化

今まではやっぱり、生活のためでやっていたし、人のためっていうわけじゃなくて、自分のためと、生活のためで働いてたんですけど、今は自分が世のため人のためじゃないけど、私の持ってることで誰かのお役に立てれば、それがお仕事になれば良いなっていう風に考え方が変わりましたね。

お仕事、楽しいですね。人が喜んでる顔ってこんなに楽しいんだっていう風に思いますね。

きっかけ

ずっと働いていた会社が解散するってことになって、漠然と将来に不安がありました。今までみたいに定期的にちゃんと決まった金額のお金が入って来るっていうことがなくなってしまうので「今後どうしよう」っていうことと、後それに基づいて、結構、割とまとまった退職金っていう大きなお金が入って来ることに対して、それを銀行に預けててもしょうがないし、資産運用をしていくのか、そのお金をどうしようか。大きなお金をどうしようっていうことに対して、誰にも相談できないでいたところで、ちょうど果内子さんに会って「何か教えてくれるの?」という感じでした。

聞くことができる安心

もう心強いですよ。聞ける人がいるから、続けてるんです。
自分一人でやるのは、やっぱり不安なので、そういう時に話せる人がいると良いですよね。変に怖がって、尻込みしちゃうところもあるから、何にもしないで放置プレイしてしまったり、そういうのも含めて、ちゃんと話せるのは良いなって思います。

良かったこと

放ったらかしたら、放ったらかしになって忘れちゃう。やり方や仕組みとか、なので「毎日、見なさい」っていうのは、良い習慣だと思います。

動画があるのは、すごく心強いですね。
すごく分かりやすく説明してくれてるので。

かなこ校長の印象

かなこ校長だけを知ってたわけではなくて、かなこ校長を紹介してくれた方がいてその人に対しての信頼関係があって、その人からの紹介された方でしたし、1回、お会いしてたので、かなこ校長の人となりみたいなのは私なりに信頼はしてたので、不安や嘘を言ってるとか、なんか変なものに引きずり込まれる感じはなかったです、全然。

若い人が羨ましい

若い人がすごい株を買ったり、学校で教えたり、だんだん低年齢化してきて、高校生で会社やったりとか、大学生で会社作って、私の時には考えられない世の中になってるじゃないですか。羨ましいですよ。
もっと、もう50年前に始めといてくれたら、私、こんなに苦労しなかったのにって、本当に思います。

 

Tさん

受講前のお金への興味

お金に関するお勉強は、全くしていませんでした。ゼロに等しいくらい。
そういうセミナーに参加するのは「怖いなぁ」というのがあって、申し込んだことはあるんのですが、口コミを検索したりして、ちょっと怖いことが書いてあると「やっぱり、やめよう」ってやめたりすることがあって、なので、そういう勉強歴はないです。
本を買っても、ただ、サラーっと読むぐらいで、それを使って何かをしようってとこまでは、考えたりしませんでした。

その当時、もう子育ても終わっていて、次のステップで主人との老後を考えなきゃいけないというのがありました。老後は何千万必要とか、そういう話が結構出ていて、貯蓄はそれなりにしていたけれども、お金を増やすことに関して手段を知らなかったし、そういう本を読むまではいかないけど、チラシで見たり、テレビで言ってることに興味を持っている時期でした。そういう時期にたまたま果内子先生に出会いました。

わたしは独身時代、家で暮らしていたので、会社に勤めていて自分のお金は自分のお金という感じで、あまりお金に困っていなかったし、バブルの世代なので、ボーナスが出なかったり、会社が倒産してしまう時期でもなく、割と良い時期に若い頃を生活させてもらっていて「お金がなくて、どうしよう」という時期がなく、割とお金に無頓着でしたが、今は老後を考えなきゃいけない世界になって来てるから、そうなると働くことがだんだん出来なくなって、収入を得ることが出来なくなるので、最近になってちょっと考え出したというところですね。

入る前と今の心境の変化

お金に無頓着だったので、新聞を読んでいてもお金に関するところはスッと素通りしてたりしてたんですけど、そういう記事にも目がいくようになったし、やっぱりお金に対しての考え方が随分、変わって来たと思います。

お金の使い方も募金をしたり、そういうことに興味を持ったり、使い方の軸になってるところは変わらないけど、それ以外のお金の出所が「こういうのもやってみようかな」っていう風に変わりましたね。

以前は1日のうち、お金に関することを考える日もなかったのですが、今はお金に関することがあると興味がいくようになったのは、すごい変化だなって思います。
だいたい朝と寝る前と、仕事が休みの時にはちょっとお昼くらいにチェックしています。

始める前の不安

不安はありました。投資というと不動産や株で、バリバリ仕事してお金をたくさん持ってる人がやるものだと思って、こんな一主婦がやるものじゃないと思ってたので「それを、私がやるんだけど大丈夫かな?」っていうのは、ありましたね。

実際にやってみて

教えて頂いたとおりやってれば、怖くないものなんだと思いました。ビジネスをバリバリやってる人がたくさんお金をかけて、パーーっと一夜で散っちゃっても良いような人がやるイメージがあったので、今わたしが投資をやってるなんてって感じですね。

大きな失敗も今のところなく、すごい楽しい感覚でやってます。

ミドルに進んでからの変化

やっぱり難しいことも多くなって来たのですが、教えてもらったことを実践することによって、前と違った増やし方や設定の仕方にだんだん自信が持てるようになって、完璧ではないけど、半年前に言われてたことがより分かって来たようなそんな感覚があります。

最初の時は言われても、ピンと来てなかったことも実際にやると「だから、こういう感じなんだな」っていう相場も、自分のやっていない他の通貨も「こういうことがあると、こういう動きするんだな」っていうことが見られたりすると、結構それも面白いです。

難しい・困ったなって感じたこと

自分の仕掛けた相場から上のけしちゃって、全然ガチョウさんが働かなくなっちゃった時期があり「さて、どうしよう」って思ったのを覚えてます。だけど授業でやったことと同じような感じで、上にずらしたり、下にずらしたりすると「あ、上手くいった」ということがありました。どうしても困った時には、相談できるっていうシステムがあったので安心感がありましたね。

受講している中で解決することが多かったです。

言葉はやっぱり慣れない言葉だったので、結構難しかったです。
聞いて想像できるようなものではなかったので、その言葉を覚えるのが結構大変でしたね。

受講した動機

まず、行こうと思ったのが、一度会ってお顔をが分かる人だったので、その面で怖さも半減していたこと。後、全く興味がなかったら行ってなかったと思うんですけども、前、お話を聞いてみたいなぁって思っていたので、参加させて頂いたんだと思います。

ミドルに進んだ理由

受講してとっても楽しかったし、やったことによってお金にも興味が出て来て、その前の受講は基礎だったので「もっと、先のことも知りたいな」「その先もちょっと知ってみたいな」っていう、興味と好奇心があって、受講させて頂きました。

プレセミナーを受けた感想

すごく難しい話があるのかなって思っていたけども、すごく分かりやすくて、ガチョウさんが出てきたり、入り込みやすい雰囲気があって、「ちょっと、やってみたいな」という気持ちを持って電車で帰ったのを覚えてます。

投資に関するお話を聞くことが全て初めてだったので「何でわたし、こういうことを今まで知らなかったんだろう」「もっと前に知りたかったな」とか「ちょっとわたしもやってみたいな、出来るかな」という感じでした。

勉強を始めたばかりのころ

聞くこと、聞くこと、割と新鮮で、毎回面白かったです。

初めての実践

「いよいよ始まるぞ」っていうちょっとワクワクした感じがあって、時期が良かったのか、いくらもしないうちにチャリンっていう感じのがあって「わぁ、本当だ、本当だ」ってすごくワクワクしたのを覚えてます。

すごい、嬉しかったですね。「お話の通りだー」と思って、ちょっとゲーム感覚じゃないけど「わーー」みたいな。

初めての出金で購入したもの

化粧品に使ったと思います。自分で払うとなったら、考えちゃったもの。

自分で働いたお金っていうわけではないので、不思議な感じですね。ポッとわいたお金というか。

かなこ校長への印象

一番最初に初めて会った時は、お金に関するお仕事をしてる人に出会ったことがなかったので「そういうお仕事されてるんだー」って思ってました。

これから楽しみにしてること

ちょっとずつ、資金を増やしていこうと考えてて、そうすると今までよりももっと増えるので、それを考えるとワクワクします。
最初はやっぱりちょっと、全てを信用してたわけじゃないので、怖いのもあり、お試しじゃないけど最初の金額でやってたのですが、数ヶ月経ってみて、何年か経ってみて、これならちょっと安心出来るし、ちょっと金額増やして、もらう額も増やしてみようかなって興味を持っています。

他のマネーセミナーへの興味

行ってみたいなってちょっと思ってます。
そこまでまだ考えてないですけど、やっぱり老後に関するようなことでセミナーがあったら行ってみたいなっていうのはありますね。